セフレ相手の男性を焦らせたいと考える女性の言動と目的

セフレの言動と目的女性の中には、セフレである男性をあえて焦らせるような言動を取る人がいます。
それは何となくではなく、明確な目的があって行っているものです。
大きなトラブルにならないよう、慎重な対応が必須です。

男性がセフレから言われたら焦る言動とは?

男性にとって焦る言動はたくさんあるかもしれませんが、特に危険なものはパターンが決まっています。
以下に近いことを言われたら、今後の関係維持は難しいと思いましょう。

  • 「奥さんや彼女にバラす」と言う
  • 別れを切り出した時に「別れるなら死ぬ」と脅す

このことから、配偶者や恋人がいる方、もしくは以前にセフレ以上の仲を築いていたモトカレの方がターゲットになることが多くなります。

上記のような発言をするだけで終わればまだ良いほうです。
話がこじれると、住所や職場などの情報を調べ上げて直接乗り込んでくることも考えられます。

そこまで行かなくとも、自宅の近くで待ち合わせしたがる、何かと個人情報を聞きたがるなどの不審な行動も目立つようになります。

セフレ相手の男性に何を求めているのでしょう?

上記に挙げられる、あえて相手を焦らせるような言動。
いたずら心から生じることは稀です。
彼女たちは明確な目的を持って行っています。それが、男性と本命の関係になることです。

一方が 「あくまでも身体だけの関係だ」 と思っていても、もう片方がそう思っているとはかぎりません。
また、事前にそのように約束していても、何度も会っている内に情が湧いてしまうものです。

男性はセフレ女性にどう対処すればいいのか?

焦らせるような言動を取ることは誰にでもあり得ます。
下手すれば家庭崩壊を招きかねないことです。
「自分のところは大丈夫」とはけっして思わず、事前からしっかりと対策しておきましょう。
具体的には以下のとおりです。

必要以上の個人情報は教えない 必要以上の個人情報は教えない
後々面倒なことにならないよう、住所や職場などプライベートに関わることはセフレにたいして一切教えないほうが懸命です。
連絡先も電話を使うのではなく、使い捨ての通話アプリIDなどを準備しておくと良いでしょう。
踏み込んだ質問には嘘で乗り切る 踏み込んだ質問には嘘で乗り切る
女性によっては上記のような個人情報や、「奥さんのこと、どれだけ愛してる?」など踏み込んだ質問をしてくることがあります。
相手に思い切った行動をさせないためにも、正直に答えないほうが良いでしょう。
不審な行動を取るようになったらすぐに関係を切る 不審な行動を取るようになったらすぐに関係を切る
相手がやたらプライベートな質問をしてくるようになった、自分を見る目が変わってきたなどセフレとしての関係維持が危うくなったら、すぐに別れましょう。

身体だけの関係なら、他の異性を探せば良い話です。
それよりも、問題を先送りにした時のリスクが大き過ぎます。
もちろんのことですが、特定のパートナーがいるにも関わらず 「何とか惚れさせよう」 と危険な遊びをすることは絶対にNGです。

別れたいならあえて嫌われるように仕向ける

「別れよう」と言ってもそれに応じてくれない女性もいます。
そのような時は、無理に関係を切ると報復を受けるかもしれません。

そこで、あえて相手から嫌われるように接することがおすすめです。
返信を遅くする、セックスを退屈なものにするなどで、少しずつ好感度を下げていきましょう。

「恋人にバラす」など、男性にたいして焦らせるような言動を取ってくるセフレ女性。
彼女たちの目的は相手と本命になることです。

特に奥さんや恋人など、特定のパートナーがいる方は注意しましょう。
場合によっては家庭崩壊の危機に直面することもあるため、慎重な対応が求められます。
それよりも前に、せふれとは危うい仲にならないような予防も必須です。