セフレとエッチの回数が減った理由と対処法

セフレは一般的には体だけの関係という認識ですが、時には回数が減ったと感じたりその理由はどうしてなのかと相手を追いかけたくなることがあります。
セックスフレンドといっても何のメリットもない相手とは関係を持ちませんから、そのあたりに理由がありそうです。

セフレと回数が減った理由

セフレと会った当初よりもエッチの回数が減った理由

セックスフレンドとは始まり方がどうであっても、お互いのセックスの相性がある程度良い、満足度が高いからセフレの関係が成り立っているといえます。
でも最初のころよりも明らかに回数が減ったと感じるときはマンネリ化している可能性も考えられます。

セフレ期間が3か月未満ならアウトかも?

セフレの期間セフレとして付き合い始めた当初は、求めあうようにセックスをしていたり、会うたびにセックスすることが普通だったのに、回数が減ったと思うときは理由があるはずです。
いくらセックスフレンドという間柄でもそれぞれに仕事や家庭があるでしょうし、友達や先輩後輩との付き合いも考えられます。

それ以外にも何となく違和感があるようなときは、セフレとして会うようになってからどれくらいの期間が経過しているか考えてみましょう。
大体3か月未満で回数が減ったと感じるときは、相手の興味が薄くなったり、セックスの内容がマンネリ化していることが考えられます。

セフレの場合、男性はセックスと女性からの奉仕によって快楽を得ます。
女性はどうかというと自分にとって何らかのメリットがあるからセフレの関係でいることが多くあります。
例えば、会っているときだけでも愛されている実感が得られるとか、セックスの相性の良さ、お金などがあります。

短い期間でセフレのメインの内容であるセックスの回数が減ったと感じるときは、やはりこのパートナーでは満足しきれない不満や、物足りなさ、他に良いセフレができたなどの理由があるといえます。
理由によってはセフレの関係を解消したいと思っているかもしれません。

会う回数やLINEの回数が減ったら冷めてきたサイン

2人の関係性にもよりますが、セックスフレンドでも会うとき以外にLINEでやり取りをしている人は多くいます。
毎日ではないにしてもこのやり取りの回数や返信率が落ちてきたと感じるときは、相手はあなたに対して興味がなくなり関係にも冷めてきているといえます。

ラインの回数

お互いにいい大人として付き合っていくとしても世間話程度のやり取りがあっても不思議ではありません。
天候不良によって電車が止まって会社に遅刻したとか、いつ頃までは仕事が忙しいなどの会話なら普通の友達同士でもやり取りしています。

こうした日常の他愛もないやり取りすらも確実に減ってきているとなると、自分以外に新しいターゲットを見つけた可能性があります。
場合によってはセフレではなく彼女かもしれないので慎重に様子を伺いましょう。

自分が都合のいい相手にならないためにやるべきこと

セフレとして付き合う上で相手の反応によっては自分自身がみじめな思いをすることがあります。
それは同時に悔しさや悲しみという心の傷にもなります。
相手にとって都合の良い人になる前に、セフレとのセックスの回数が減ったときは理由を聞かずに去る準備も考えた方が良いです。

後腐れなく潔くが基本

セフレとの間でセックスの回数や会う回数、LINEなどのやり取りまでも減ってきているなら、その理由を相手に問いただすのではなくて、その相手に見切りをつけることも必要です。
見切りをつけるのは非常に簡単で、所詮はこの程度の相手だったと思えばよいだけです。

セフレとの別れは潔く見切りをつけたら新しいセフレ探しを始めます。
もちろん、見切りをつけた相手には何も言わずに1人でコツコツセフレを探しましょう。
そして1つ重要なのは、見切りをつけたセフレよりもスペックが高い相手を探すようにすることです。

同じレベルの相手を見つけても結局同じようなパターンになるだけかもしれません。
それならもっと高スペックでテクニックがあるとか、お金のある人でいつも高級ラブホでセックスできるとか、ランクアップする方が自分自身の成長にもつながります。

そういう相手を探し出して、古いセフレとはもめたりしないで感謝の気持ちを伝えておき、自分から離れていくようにすると、人間的にもカッコいいといえます。
きっと古いセフレはすべてを理解したときに、あなたから離れようとしたことを後悔するはずです。

セフレとのエッチの回数が減ったら深追いしないのがベター

セフレとして付き合っている人のことを問いただしたり深追いするような状態になってしまうと、それはもはやセフレではなくて恋愛関係にあるといえます。
そうなると本末転倒となるため、相手をキープとして考えられないタイプの人はセフレに向かないことを自覚しましょう。

またセフレとはそもそも後腐れない関係性が基本です。
自分が相手のことをキープしてやっているくらいの感覚が必要です。
相手が離れていきそうなときは、深追いしないで新しいセフレを作る方が楽しみ方も広がります。