アイドル目指してたフリーターの少女を僕だけのハメハメアイドルにしちゃった件

アイドル目指してた女とセックス

今回は岩手県の24歳のフリーター少女と、秋田県の33歳のアルバイトの男性のハメ体験よ!

女子大卒業しアイドルを目指していたが現在はフリーターのリンちゃんと出会い系を使って出会えた男性の超濃厚なハメハメ体験談を紹介します。

アイドルを志望していた女の子の多くは可愛いor自意識過剰のブスのどちらかに分かれることが多いが、そんな中でも当たりを引いたら自分だけのセフレアイドルの完成です!

セフレを作りたいなら相手がどんなセフレを欲しているのか知る必要があるよ!

セフレに求める条件(音声のみ)

アイドルを目指していたリンちゃんとの出会いからキス

「暇でーす、だれか遊んでくださーい」と出会い系アプリのハッピーメールに書き込んだリンちゃんと遊ぶことにした。

女子大を卒業してフリーターしながらダラダラする毎日なんだとか。

「はじめまして・・」緊張してるのかな?

黒のショートで遊んでないっぽい可愛いコだ。

話をしてるとエッチが目的じゃないみたいだな。

ま、とりあえず飲ませてみるかとカラオケに誘ってみた!

アルコールがちょっと入っただけで緊張がほぐれ陽気に歌を歌ってる。

「上手だねぇ」
「えーそうですかぁ?」

どうやらアイドルを目指してたみたい。

「人気でたんじゃないかなぁ」
「いやいやいやいや」

踊りながら歌わせると僕はいっぱい褒めてあげた

「そんな持ち上げないでくださいよぉ」
でもリンちゃんはご機嫌だ。

アイドルを目指していたリンちゃんのカラオケ

「すぐにファンになっちゃったよ、そんなアイドルと二人っきりになってると思うと・・」

僕が近づくと「あっ」恥ずかしそうにモジモジしてる。

「嫌だったら逃げてね」
キスしようとすると逃げなかったので唇が重なった。

「逃げなかったね・・・どうしてかな?」

続けて抱きしめながら強いキスしてラブホテルへ移動することにした。

乳首を優しくクリクリすると感じる彼女にフェラのお願い

ラブホテルに入るなり僕はリンちゃんを抱きしめていた。

「ここまで来ちゃうと止まらなくなるよ」
「えっどうしようかな・・」

「そういう経験は?」
「あっあります」
「今はフリー?」
「はい・・」

「寂しい?」
軽く胸をなでると「はぁぁっ」可愛い声

「逃げないねぇ・・・寂しいのかな?さっきは凄く楽しかったよ!」

ジッとこちらを見つめてるから大丈夫かな?

「先にシャワーにする?」
彼女はうなずいた

「逃げてもいいから、先にアドレス教えてよ」先にシャワーを浴びて戻ると、いたっ!

「私も」と長めのシャワーから戻ってくるとリンちゃんはバスタオル一枚だ

ベッドの上でギュっと抱きしめてキス
「いいの?」
「考えてなかったけど・・・。はい・・・」

「大好きなアイドルがこんな格好してたらもぅたまらないっ」
「ふふっ」

タオルを広げると中から乳首をツンと立たせた可愛いおっぱい

「おいしそう」
お腹のあたりに抱きつくとむしゃぶりついた

「あはぁっやぁんっんんーっ」
「気持ちいい?」

ウンウンとうなずくリンちゃんの二つの乳首をつまんだ
「あぅんっ」
「アイドルが目の前で感じてる、最高だよ」

クリックリッ
「うぅんっんっんっんっ」

彼女の目の前にチ〇コを突き出してみる

「あっ、あぁ」
「これをマイクにして歌ってみてよ」
「無理ぃーーっ」

リンちゃん照れ笑い
慣れないフェラでかわいく舌を動かしてる

「きもちいいっきもちいいよっ」
「よかったぁ、はむっちゅっちゅっ」

アイドルとケダモノの超濃厚な失神セックス

恥ずかしくて足が開かないのでベットの上で軽くイチャイチャ

開いてきたので指を滑り込ませた
「あうぅんっ」
ビクッと身体をのけ反らせた
「気持いい?」
ぐちゃっぐちゃっ
「うんっうんっいいっ気持ちいいっ」

チンコを握って「大ファンのアイドルと一つになりたい」というと

「ファンを喜ばせたいな」とOKしてくれた

「入れるよ」グイッ
「うあぁっ」リンちゃんにハメることができた

「嬉しすぎてケダモノになっちゃうよ」
「んっどうぞっ逃げないから」

僕はズボッズボッと腰をつかった
「んあぁぁっやだっすごいぃっ」
そんなに激しくないんだけど
「はじめてぇぇっ」と喘いでる

いきそうになったので「ごめんね激しくするよ」とガシガシ腰を動かした

「んあぁぁぁっあぁぁーーーーーーっ」

絶叫してるリンちゃんの中でゴム射

彼女は気を失ったままヒクンヒクンしてる

セックスで失神したリンちゃん

「よかった」
そう言ってあげたけどリンちゃんは恥ずかしくて何も言えず僕に抱きついたまま

「今まででどれぐらいよかった?」と聞くと

「ぜんぜん・・」と言いかけて沈黙

「これからも会っていっぱい気持ちよくさせてあげたいな」

彼女は少し考えこんでから
「アイドルごっこしたいな・・」
「二人っきりでね」
「ふふっ」

向かい合って座ってもう一回
「うんっうんっうんっうぅんっ」しっかり抱きついて感じてる

意地悪して「アイドルってHするの?」と聞くと「えぇーー」と困ってる

「ごめんね」ガシンガシン下から叩き込むと「んうぅぅっすごいっすごいっ」

「アイドルのリンちゃん僕のチンポでいってスキャンダルだっ」

ずんっずんっずんっずんっ
「んふぅっうんっいくよっいくーいくぅぅーーっ」

ゴムをはずして口へズボッ
「はふぅぅっんぐっぐんっんぐっ」
やらしい顔で僕のザー汁を飲み干してくれました。

リンちゃんとは今で週に1回は必ずセックスを兼ねたアイドルごっこをしています。

アイドルを目指して花開くのは一握りです。今回紹介した岩手のセフレのように自分だけのアイドルセフレとセックスするのもアリね!岩手でおすすめのセフレ探しサイトを活用しよう!

さらに秋田県でセフレ探しをするならここをチェック!
秋田県でセフレを作る秋田でセフレを作ってセックスできるのか?セックスフレンドが作れるオススメ出会い系アプリ情報岩手県でセフレを作る岩手でセフレを作ってエッチしたい!オススメ出会い系アプリとセフレの作り方まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です